目次へ
               築地市場や魚と流通に関する話題

JAL機内食で焼き魚、煮魚をご提供
平成21年11月12日

JAL機内食で「魚がし厨房北田」の焼き魚、煮魚をお召し上がりいただけます。(ファーストクラス限定)


期間:平成21年12月〜平成22年1月

 羽田〜大阪
 羽田〜札幌
 羽田〜福岡

上記路線の朝食としてご提供します。

 ●JAL機内食として当社「魚がし厨房北田」の3品が登場
 当社が築地市場内の「魚がし厨房北田」で製造した焼き魚、煮魚がJALファーストクラス限定の機内食メニューとして登場します。
 魚河岸のプロが素材そのものにこだわり、当社の職人が心を込めて手作りした魚を機内食として召し上がっていただけることになりました。
 いずれも朝食メニューとして9:59までの出発便のファーストクラス限定でのご提供となります。
  

平成21年 12月1日〜10日 「紅鮭塩焼き」
12月11日〜20日 「かれい生姜煮」
12月21日〜31日 「さわら西京焼き」
平成22年 1月1日〜10日 「紅鮭塩焼き」
1月11日〜20日 「かれい生姜煮」
1月21日〜31日 「さわら西京焼き」

 ●「魚がし厨房北田」のこだわりと「JALファーストクラス」のこだわり
 「魚がし厨房北田」ではデパ地下直営店向けに、築地市場の魚や野菜を素材として和惣菜を製造しています。
 素材そのものの品質を大事にして、焼く、煮るなどの工程はごくシンプルに、余計な細工や添加物等は極力使わないよう心がけています。
 一方JALでは、機内食のコンセプトとして、「有名料亭〇〇の料理」や「有名シェフ△△の監修」といったありがちな取り組みではなく、素材そのもののレベルアップをテーマとして取り組んでいます。
 例えば米の品質を最高のものに変え、味噌汁の味噌の品質にこだわるなど、「素材本位の直球勝負」をコンセプトとしています。
 「素材本位」の両者のこだわりの取り組みが合致して、今回のメニューとして結実しました。
 両者のこだわりについては、雑誌「Dancyu」1月号(2009年12月発売予定)にて、脚本家小山薫堂氏と私(北田喜之助)の対談記事の中でも紹介されます。
 ●魚がし厨房北田
 築地市場内では水産関係だけで800社近い業者がひしめき合って業務をおこなっています。
 このほとんどの業者は卸売り会社や仲卸業者として流通業務をおこなっていますが、その中のわずか20社ほどが市場内に加工場を運営しています。
 これらの加工場では割烹、すし店などの飲食店向けやホテル、スーパーなどに納品するため、魚河岸のプロが鮮魚の下ごしらえ、マグロの柵取り、切り身などの作業を行なっていて、今では卸売市場に欠かせない機能のひとつとなっています。
 当社は築地市場内で加工場を運営する数少ない業者のひとつとして、鮭や鮮魚の切り身加工を行なってきました。
 平成17年3月に築地市場内に新加工場が竣工したのを機会に、これまで有名百貨店で和惣菜の製造直売を行っていた子会社「高見屋」ブランドの製造部門を統合し、「煮る」「焼く」機能まで加えて「魚がし厨房北田」として運営を開始しました。
 現在ではここで製造した煮魚、焼き魚をデパート内直営店で惣菜として販売するだけでなく、コンシューマーパックの形態に包装して湯銭や電子レンジで簡単に食べられる製品を製造しています。
 築地市場内という絶好の立地を活かし、魚河岸のプロの目利きで厳選した魚を原料として、デパ地下惣菜製造で腕をみがいた当社の職人が心を込めて手作りした製品をお召し上がりいただけます。

「魚がし厨房北田」
築地市場内加工棟12号棟

「魚がし厨房北田」の焼き魚、煮魚はこちらでお求めいただけます。

魚がし北田 ショッピングページ
    魚がし厨房北田」製品
魚がし北田 電子カタログ

(北田喜之助)


魚がし北田のホームへもどる

この記事の感想をメール

北田水産株式会社
All rights are reserved.
〒104 東京都中央区勝どき5−11−11
Tel: 03-3531-5811(代表)

Fax:03-3531-7272