目次へ
               築地市場や魚と流通に関する話題

”築地春まつり”やります(予告)
平成20年04月22日

恒例 春の半値市!平成20年05月10日(土)10:00より

 皆様お待ちかねの恒例「春の半値市」の開催決定!。
築地場外市場の参加店約300店が、各店自慢の逸品を1点、限定数後用意。売り切れご免!。
(主催は築地場外市場の「築地場外市場商店街振興組合と築地共栄会、海幸会、築地四丁目町会、築地六丁目南町会
開催は10:00からとなっていますが、「半値市」当日の場外市場は毎度大変な混雑となりますので、お越しになる際は早めのご来場をお勧めします。
 


魚がし北田 築地場外店の目玉販売 

 当店では春の半値市の目玉商品を企画中です。
 普段からお客様に喜ばれている商品、スモークサーモン、漬け魚、干物などをお得な盛り合わせにしてご提供します。

写真下:参加店舗はこの”ちょうちん”が目印
    
”春の半値市”

主催:築地場外市場商店街振興組合
    築地共栄商業共同組合
    築地海幸会
    築地四丁目町会
    築地六丁目南町会

実施日時:平成20年05月10日(土)

実施場所:
      春の半値市 :築地場外商店街と築地共栄会、海幸会などの参加304店舗
               (参加店舗は黄色い”ちょうちん”でわかります。)

 交通:営団地下鉄日比谷線築地駅(歩5分)
     都バス 
          東京駅丸の内南口より豊海水産埠頭行き
          または晴海ふ頭行き、
          新宿駅西口より晴海ふ頭行き
          いずれも築地3丁目下車。
     JR: 有楽町駅より数寄屋橋バス停から上記いずれか。

詳しいご案内はこちら(築地場外市場ホームページ)

普段はプロしか入場できない築地市場
築地市場周辺は、東京都の管理する「中央卸売市場築地市場」(通称;場内)と一般の人も自由に買出しができる場外に分けられます。
このうち都の管理する築地市場(場内)は卸売り市場のため、タテマエとしては魚商や寿司屋などのプロしか入ることのできない世界で、一般の人にはちょっと敷居の高い感じのする場所かもしれません。
 最近は海外からの観光客も多く、お目当ての寿司屋の前で行列する光景は普通の事になりました。一方、魚を買うための入場となると、セリ場はもちろん仲卸の売り場などで実際に魚を買う事はかなり慣れた人でないと要領がわからず難しいかもしれません。
セリ場の入場規制が始まりました (2008年4月1日より)
  近年、多くの海外からの観光客が大物(マグロ)のセリ場に入り込み、商品に触るなど業務の邪魔になったりケガをする危険も心配されるようになりました。対策として平成20年4月から、セリ場については一般の人が立ち入れる場所は大幅に制限されるようになりました。見学の際にはお気をつけください。
 一方、場外市場の方は一般の方大歓迎の店がほとんど。まず場外市場でなじみの店を作り、そこで情報収集をしてから「場内市場」へ突入するのも良いでしょう。
築地市場海幸門の名前の由来
旧海幸橋。
現在は堀が埋め立てられ、この橋
も今はない。

(北田喜之助)


魚がし北田のホームへもどる

この記事の感想をメール

北田水産株式会社
All rights are reserved.
〒104 東京都中央区勝どき5−11−11
Tel: 03-3531-5811(代表)

Fax:03-3531-7272