目次へ
               築地市場や魚と流通に関する話題

”鮭の日”の無料配布(報告)
平成12年11月14日

11月11日は”鮭の日”です。

今年も昨年に引き続き新巻鮭の無料配布を行ないました。
今回は会場が銀座のど真ん中、数寄屋橋公園という事で昨年以上に盛り上がりました。

新巻鮭無料配布

実施日時:平成12年11月11日(土)
  配布時間:PM3:00〜


     主催:北洋青年会
北洋青年会 前田会長

 あまり知られていませんが、11月11日は「鮭の日」です。
 これは「鮭」という字のつくりが十一十一と読めること、そしてちょうどこの時期が北海道などの秋鮭漁の最盛期にあたる事から、主に大阪の市場関係者が中心になり数年前から始めたイベントです。
 築地市場では年末に向けて国産秋鮭のPRのために、鮭を扱う北洋物業界がその青年部である「北洋青年会」を主体としてこの時期に毎年、鮭の切り身の無料配布を続けてきました。

 今年は、北海道漁業組合連合会(道漁連)さんから、新巻鮭の3切れ入りパックを1000パック提供していただきこれを会場のみなさんに配布しました。更にパンフレットの「当たり」の場合、鮭が1本もらえる特典付きでした。(こちらは関西の企画に相乗り)

 今回は会場が銀座のど真ん中「数寄屋橋公園」という事で、当日配布30分前頃には早くも行列が出来始めていました。
ここは、「宝くじ」の売り場としても全国的に有名な公園で、私などは会場で始めこの行列を見た時「鮭の日」の行列とは信じられず、4億円の超高額賞金で話題の「ロトくじ」の行列かと勘違いした程でした。
 無料配布を待つお客様の行列は数寄屋橋公園の交番付近からプランタンの向かい近くまで伸び、西銀座デパートの入り口をふさいでしまう事から、青年会とガードマンで交通整理をするほどでした。
 無料配布を始めると、次々にお目当ての鮭の切り身を受け取り満足そうな顔が見られました。
 例年の場合、一人で何回も並びなおして3個、4個と持ち帰る猛者がいるのですが、今回は会場の人数があまりに多かったためそういう事も少なく、より多くのお客様に喜んでいただけたと思います。
 そして配布開始からものの15分ほどで、用意した1000人分はすっかり配り終わり、この日のイベントは終了しました。
 切り身を提供していただいた道漁連、水産会社、お手伝いいただいた築地荷受各社のみなさん、ありがとうございました。来年も会場の都合が許せば今回のような良い会場でやりたいと思っています、その際は宜しくお願いいたします。


  昨年の「鮭の日」無料配布

 

(北田喜之助)


魚がし北田のホームへもどる

この記事の感想をメール

北田水産株式会社
All rights are reserved.
〒104 東京都中央区勝どき5−11−11
Tel: 03-3531-5811(代表)

Fax:03-3531-7272