目次へ
               築地市場や水産物流通に関する話題、魚や旨い物に関する話題など

築地場外市場、買い出しピークに。
平成11年12月28日

 いよいよ1999年も残り数日となり、築地市場は場内も場外も忙しさはピークになっています。
 築地の卸売市場の外で店を構える、いわゆる「場外」の人達にとっては、この年末の商売は正にカキイレドキとなり、例年この時期は築地4丁目周辺の場外の通りは、身動きできない程の人出でごった返します。
 築地は上野のアメ横と並ぶ正月用食材の買出しのメッカとして有名ですが、築地は水産物流通の本拠地としてのプライドがあるせいか、値段はともかく品質面では上を行っているハズです。(こんな事を言うとアメ横の人達に怒られそうですが、築地の人達の間では品質の悪いサカナのことを「こんな魚はアメ横行きだ!」と言うような感覚がまだまだあります。)
 年末も押し詰まり、場外も人の波で埋まるようになって来ました。しかし今年の場合は先週末(25日26日)までは築地全体に比較的人出が少なく、漸く昨日今日から例年に近い賑わいになってきたようです。また場内は更に空いていて、仲卸の間では「今年は異常だ!」といった話が聞かれます。
 この原因としては、少なくとも場外の場合、今年の年末の曜日の配列が悪く、週末が年末年始と重なってしまっている事が影響しているようです。 その為、今日(28日)から30日までの短期間にお客様が集中して、大変な混雑になりそうです。買出しの際は事前にそれなりの覚悟と準備が要るかもしれません。

買い出しでゴッタ返す場外市場

 築地場外での買い出しのコツ。

1.信頼のおける店で買う。
 事前に情報を集めどこで何を買うかある程度決めておきましょう。行きつけの店があれば申し分ありません。
 特に気をつけなければならないのは、いわゆる「バッタ屋」が出没する事です。これは例年この時期に出没し、ネジリハチマキとジャンパーなどで一見魚屋に見えますが、じつはヤーサンのような人達が粗悪品を売っているというケースです。空き地や閉まったシャッターの前で店を広げているような所は警戒しましょう。
2.予約しておく
 卵焼きなどは生産が集中するため、あらかじめ予約しておく方が無難です。一般向けに大量生産して日持ちのする普及品は別ですが、築地の卵焼き屋や練り物屋にはこだわりの商品があるはずで、そういった品は予約しないと手に入らない事も多いのです。
3.値段より品質で選ぼう
 せっかく交通費と時間をかけて築地まで買出しに来たのです。値段に惑わされず良い品を買いましょう。その方が結局お得です。(安いモノはアメ横にもあります。)
4.場内には入れないの?。
 場内市場は原則的に卸売市場です。従って一般の消費者の方は入場できないタテマエになっています。
 しかし実際には、かなりの人達が場内にも勇敢に突入しています。実際のところ場内の仲卸の店頭で、業者と一般の人を区別する事は殆ど不可能で、一般の人だから売らないという店はあまり見た事がありません。とは言っても近年、仲卸の小売行為に対するチェックは厳しくなっていますので、「女性同士が大勢で歩く」とか「子供連れ」などはっきり一般人とわかる格好だとマズイかもしれません。
 またここはいわゆるプロの世界ですので、買い物はケース単位などある程度まとめて買う必要があるかもしれません。値段は場外より全般に安いですが、品質については自己責任になります。わからなければ店の人に聞いてしまいましょう。
5.買い出しの時間は9時頃からがベスト
 築地というと朝が早いというイメージがあると思いますが、一般の買い出しの場合、あまり早い時間に行く必要はありません。
 場外市場も年末以外の時期は飲食店などプロ向けの商売が多く、早朝はそういった卸の仕事で忙しいのが普通なので、一般の買出しはそれが一段落する8時か9時頃を目安に出かけると良いと思います。特に年末期は午後まで営業してる店が殆どですから、あまり急ぐ必要はありません。またその時間帯ならおなかが空いた頃「すし屋」も開店している事でしょう。

 築地市場は例年と同じく30日が最終日となります。場外市場の店舗もたいていは30日までの営業の店が多く、31日は殆どの店は閉店になります。また年始は1月5日が初市となります。
 当社の場合もこの開市日に合わせ、年内は30日(午前中)まで、年あけは5日からの営業となります。また「魚がし北田」の各店舗は、それぞれのデパート駅ビル等の営業日に準じます。


北田水産-場外店  (店舗マップ)

パーテイ好きな女性、直美さんの築地場内買い出し記録

 本年はこれが最後のアップとなります。来年も今年同様宜しくお願いいたします。良いお年を!!!・

(北田喜之助)


魚がし北田のホームへもどる

この記事の感想をメール

北田水産株式会社
All rights are reserved.
〒104 東京都中央区勝どき5−11−11
Tel: 03-3531-5811(代表)

Fax:03-3531-7272